茨城のおすすめ注文住宅会社リスト » 住みやすさはどう?茨城県の本当の魅力を調査

住みやすさはどう?茨城県の本当の魅力を調査

このカテゴリでは、茨城県内の各地域の土地価格や住みやすさなどを解説しています。

土地価格の安さ

茨城県は、住みやすさや利便性の割には土地価格が安い県、と言われます。
県の人口は全国11位の約292万人。これは政令指定都市を持たない県の中では国内最大です。
人口は、その土地の利便性を表します。永住者が多いという点でも、茨城がいかに住みやすいかが分かるでしょう。
その一方で、県の平均土地価格は1平方メートルあたり30,732円。これは全国36位で下位に属します。

住みやすくて、土地価格が安い。注文住宅を検討中の方にとってみれば、これはとても大きな魅力です。

通勤通学の利便性

常磐線やつくばエクスプレスなどが通じているため、40分程で都内に到着できる地域もあります。通勤時間だけを見れば、都内に住んでいるのとそれほど違いはありません。東京まで十分に通勤圏内と言っていいでしょう。
また、茨城県は路線バスが充実しているのも特徴。通勤や通学はもちろん、ちょっとしたショッピングなどでも、日常の足として大活躍しています。

良好な住環境

茨城県南部、とりわけ取手市や牛久市は東京のベッドタウンとして発展しました。これに合わせて宅地計画や都市計画が進められたため、公園などの公共的な場所も含めて、細部まで住みやすさが追求されています。
そのため、実際に住んでいる人の満足度はとても高いようです。住みやすさを求めて、守谷市に移住してくる文化人や芸能人が多いことからもわかるでしょう。

茨城県対して抱いているイメージは人それぞれ異なるとは思いますが、住みやすい街であることは確かです。
このカテゴリでは、県内の主要な地域の「住みやすさ」の根拠を解説します。注文住宅を検討中の方の参考になれば幸いです。

安心して任せることのできる
注文住宅会社の施工事例をチェック!
茨城でおすすめの注文住宅会社の施工事例集はこちら»