茨城のおすすめ注文住宅会社リスト » 住みやすさはどう?茨城県の本当の魅力を調査 » 牛久市

牛久市

牛久市の住みやすさを、地価、交通、街の特徴などの観点から解説します。

牛久市ギャラリー

牛久駅西口
牛久駅西口
牛久駅西口前の商業施設
牛久駅西口前・商業施設
ひたち野うしく駅
ひたち野うしく駅
シャトーカミヤ
シャトーカミヤ
牛久大仏
牛久大仏
花水気通り""
花水気通り

牛久市のくらし

◆牛久市の宅地価格

1㎡あたり 1坪あたり 40坪あたり
42,423円 140,243円 5,609,720円

※2014年現在

◆通勤・通学

牛久市は、東京から50キロしか離れていません。電車でも1時間前後で東京に着くことから、牛久市はベッドタウンとして人口が激増しました。成田空港行きの高速バスも運行してするため、海外出張の際も、空港まで乗り換えなしで到着できます。
市内の移動については、多くの系統のバスが運行。ほぼ関東鉄道が独占状態です。

  • 電車:常磐線
  • バス:関東鉄道、市営コミュニティーバス「かっぱ号」
  • 高速バス:成田空港行き
  • 高速道路:首都圏中央連絡自動車道(つくば牛久IC)

◆街の雰囲気

商業施設としては、牛久駅周辺には「エスカード牛久」のほか、小型商店が点在。ひたち野うしく駅周辺には西友や家電量販店、スーパーやレストランが並び賑わっています。
また、日本初の本格ワイン醸造所「シャトーカミヤ」、ギネスブック認定・世界最大の青銅大仏「牛久大仏」などがあり、常に観光客が絶えない地域でもあります。

◆子育て・教育

乳幼児の健全な育成、また乳幼児を持つ親の支援のために、「すくすく広場」と「のびのび広場」が市によって運営されています。遠方の人のためにも、出張広場を週1回実施。小さな子供のいる家庭には特に手厚い支援があるのが市の子育て政策の特徴です。
認可保育園は19園、幼稚園は9園、小学校は8校、中学校は6校、高校は4校があります。

ひたち野うしく駅周辺に注目!

上野まで50分弱。通勤ライナーに乗れば40分弱。東京へのアクセスの良さは茨城県内でも抜群です。一方で、地価は決して高くないところを考えると、住むにはかなりオトクな地域であると言えるでしょう。
注目は、ひたち野うしく駅周辺。特別快速が停車するようになり、ベッドタウンとしての人口も増えました。新興住宅地の整備、商業施設の展開が進んでおり、ますます街としての発展が望めるエリアとなっています。

安心して任せることのできる
注文住宅会社の施工事例をチェック!
茨城でおすすめの注文住宅会社の施工事例集はこちら»